八方塞がりの私の日常をその場しのぎで書き溜めております。

‪匿名大喜利を常に募集だけしておきます。‬ ‪気が向いたらブログで紹介します。

匿名大喜利| Peing -質問箱-

 

初めては辞める毎日に

初めては辞める毎日にと言う記事からスタートし、

毎日更新を続けて今日で587日目。

 

こうやって振り返ってみると、

本当に色々あった日々でございましたよ。

 

 

そうです。

出来損ないの減らず口、

終了のお知らせでございます。

 

 

 

 

f:id:umd111:20191012205116p:image

 

 

 

 

 

金儲けの為じゃないからやりたい事を書く。

 

アクセス数の増やし方もわからんから、

とにかく描きたいように書く。

 

こんな無茶苦茶なブログにもかかわらずですよ、

なんか周りの友人然り、ブログで知り合った人然り、

「ブログめっちゃ好きです」といってもらって、

これほど嬉しい事はないと常に思っていた1年半でございました。

 

 

 

なんでしょう、これまでもずーっとブログってやってきてたんすよ。

 

高校の時にデコログってのが流行りまして、

部活の友達とかで共通のサイト作って日記を更新するってのが、

なんかトレンドやったんですけどね、

そんな友達もおらんから、俺は一人粛々とブログを書いてたんすよ。

 

 

しかもうがってますから、流行りのデコログなんてものも使わずに、

デクーって言う謎のコンテンツを使って、

加えて書いてる内容なんて今日飲んだジュースの話とかですから、

まぁムッチャクチャなんすよね。

 

 

ただ嬉しいことに、気持ち人気が出たんですよ。

 

卒業式の日にほとんど喋ってない女の子から、

「ブログ、毎日見てました。」ってこそっと言われた、

珍しく甘酸っぱい思い出を残すような感じやったんですよね。

 

 

 

そこからも手を替え品を替えブログってものをしてきました。

 

多分なんすけど、

俺のブログって人口の99%に嫌われて、

1%にどハマりするってブログっぽくてさ、

これも昔からなんすけど、

「しょーもな」とか「ブロガー(笑)」って言う人がほとんどやけど、

たまぁーに好きやって言うてくれる人が居てるんですよ。

 

しかもそう言う人って、

99%に受けないって事をわかってくれてるからさ、

すごい大きい声でいいところを言うてくれるんすよ。

 

面白いだの、素晴らしいだの、

普段「通報しましたw」って言葉しか飛んでこない俺に、

最上級の誉め言葉をよこしてくれるんすよね。

 

ほんまにね、そう言う人たちに向けてずっと書いてきてました。

そんで俺自身が、狂気的なおしゃべりやからずっと書いてきてました。

 

 

そもそもブログってものは一方通行やからええんですよ。

ラジオといっしょで、

コメントやらで相手から意見は飛んでくるけど、

話している瞬間は俺一人なわけやから、

自分の好きな間とタイミングでどんな話でもできるわけです。

 

下ネタを言おうが政治を話そうが、

何をやったって自由、おしゃべりにとっての楽園なんすよね。

 

 

 

でもこれは金儲けでやってるもんやない。

引き際が居るんすわ。

 

 

 

やっぱりブログを書くのには一定の時間がかかります。

それこそ俺が一人遊びでやってる企画なんて、

ものすごい時間がかかってるわけです。

 

だいたい平均すると、

ひと記事にかかる時間はだいたい1時間半くらいで、

それが毎日ですからまぁ時間をとにかく食うわけですよ。

 

もちろん楽しくてやってるわけっすから、

それも全然悪かない。

 

ただ、それが重荷になることも少なくはないんですよ。

 

 

 

 

 

 

それに加えてもう一つ大きい事。

 

それはブログよりもっとやりたい事がいくつも出てきたって事なんすよ。

 

 

 

 

 

例えばですけど、

プログラミングやってるって話をしたと思うんすけどね、

そんな勉強をしっかりしたいなぁって思ってんすよ。

 

別にブログ書きながらでもできるやん。

それを理由にまた初めて辞めるんか?

 

 

やりたいことが一つ出るたびに自問自答を繰り返して、

時間をやりくりしていろんな事をやってきましたけど、

ついに時間が足りなくなりました。

 

完全に手詰まりになって優先順位をつけた時、

このブログは下にあったんですよ。

 

前々から続けても2年とはなんとなく決めてましたけど、

もう辞める事を確定させると決まったら、

なんかだらだら続けるのも嫌な気がしてきましてね、

突然ですけど今日でブログは終わります。

 

出来損ないの減らず口は完パケです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうせ俺のことやから、

しばらくしたら書きたくなって、

またブログを始めるんやと思います。

 

優先順位とか偉そうな事を言いながら、

「やっぱりお前のことが忘れられない」みたいな、

クソ男ばりにブログに縋り付くことやと思いますよ。

 

ただ、出来損ないの減らず口という名前の

このブログは今日、ここで終了です。

 

 

 

 

よく最終回で芸能人が言う、

「みなさんのおかげで頑張ってこれた」

って言葉。

 

嘘やないんやと今知りました。

 

 

本当に今まで続けてこれたのは、

ひとえに皆様方のおかげであります。

 

今までありがとうございました。

 

またどこかで。

 

お疲れ様です。

平日の夜のコール

先週の平日ど真ん中、

会社から帰ろうと駅に着いた瞬間くらいに、

電話がなったんすよ。

 

 

f:id:umd111:20191011061800p:image

 

 

俺のスマホってもはやドラクエウォーク専用機みたいなところあるから、

大して誰かから連絡が来る事もないし、

ましてや電話なんてオリンピックくらいのレア度なんすよ。

 

 

急いで携帯を見てみるとディスプレイに、

トイレのドアのアイコンが映ります。

 

コレは、破天荒上司です。

 

 

トイレでライン登録したから、

そりゃ画像はトイレのドアになってまう。

おなじみ破天荒上司でございますよ。

 

 

 

 

 

まぁ十中八九飲みの誘いでしょう。

 

平日のど真ん中ってのもあるしさ、

大阪まで行くのも面倒やから断ろうかなぁなんて思いながら、

とりあえず電話に出ます。

 

 

「お前今どこや。」

 

挨拶もなしに第一声が所在地の確認です。

 

やり口が闇金

 

 

「今仕事終わりで電車乗ろうとしてたとこですよ。」

 

 

「そうか、すぐ来い。」

 

 

 

ウーバーイーツと間違ってかけたんか?

 

所在地をくれ。

 

 

まぁでもコレもお馴染みの流れなんで、

とりあえず状況を確認していきます。

 

 

「すぐ来いってwww何してはるんすかwww」

 

 

飲んでんねん。」

 

 

 

知ってるよ。

 

素面でそれならデリカシーを疑う。

 

 

今俺らは神戸で飲んでんねん。すぐ来い。」

 

 

 

 

神戸

 

破天荒上司は大阪の南の方の人で、

今の時間は8時

 

平日のど真ん中から、

何でまた神戸なんかで飲んでるんや?

 

 

 

 

「だから横ちゃんと飲んでんねん。」

 

 

 

 

 

横ちゃん!!!

 

みなさん覚えてはりますか?

 

 

f:id:umd111:20191011063414j:image

横澤問題 - 出来損ないの減らず口

 

 

横澤問題という大問題を社会に打ち上げ、

俺を絶望の淵へ叩き落とした、

あの「よこさわ」か「よこざわ」かのどっちかです。

 

 

そのお客さんの担当は俺が辞めてから

いろいろあって破天荒上司になってたから、

繋がりはあるんやろうけど、

横澤さんはどっか行った筈や

 

横ちゃんって言うのも俺が自分の会社で横澤さんの話をするときに使ってたあだ名で、

実は何回か飲みに行くくらい仲良くはなってたから、

経費精算とかでよく「横ちゃんと行ってました」

的なことをよく言うとったんですわ。

 

 

 

 

何でまた横ちゃんなんすかw

 

 

まぁでもコレもお決まりっちゃお決まりです。

 

やからはよ来い

行く

会社の人が数人

あるわけないやろ

 

ライン作業ですわ。

 

まぁでもせっかく誘ってもらったし、

ちょっとだけ行くかと思ってるとさ、

破天荒上司が言うわけよ。

 

 

 

 

 

お前、信じてへんやろ。変わるわ。

 

 

 

 

 

 

 

変わるわ...?

 

 

 

 

 

よこちゃーん!

よこちゃーん!!

 

 

 

 

 

 

 

よこちゃん!?!?

 

破天荒上司よ!!

お客さんあだ名で呼んだらあかんよ!!

 

横澤さん、まぁまぁ硬い人やったぞ!!

 

 

 

 

 

 

電話越しにやり取りが薄く聞こえてるわけよ。

 

よこちゃん!電話!!

 

 

よ...よこちゃん...?

 

 

 

 

ほらぁぁぁ!!

 

俺の声聞いて

今あだ名思い出したんやろ!!

 

思いついたことを

ポンポン言うたらあかんて!!

 

 

 

 

 

 

そんな中、どうやら電話が横澤さんに渡った感じがする。

 

ガサガサと音があって破天荒上司の

あいつっすよ!前の担当!

って言うガヤみたいなのが聞こえている中、

横澤さんが話し出した。

 

 

 

 

もひぃもひぃ、よこしゃわでしゅ〜

 

 

横澤さん...?

 

 

今ど...今どちらにおりゃれるんでしゅかぁ〜?

 

 

 

 

横澤さん!!

 

破天荒上司に飲まされすぎて、

快楽堕ちしてもうてるやん!!

 

媚薬漬けにされた

エルフみたいになってるやん!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行ってみると二人ともベロベロ。

なんでも横澤さんは調達から現場の方に回ったらしく、

それで破天荒上司とあってその日初めて飲みに行ったそうです。

 

 

破天荒上司は初めて飲みに行ったというのに、

横澤さんの実家、家庭環境、趣味、好み、性癖までもを、

何故か全部聞き尽くしていて、

やっぱこう言う人を天才って言うんやろうなぁって思いましたよ。

 

 

破天荒上司、

子供に強く言えなくて

悩んでいると言う横澤さんに向かって

言うてました。

 

 

 

横澤さん。

なんかようわからんけど、

そりゃ男としていかんですよ。

 

 

 

 

相手客やぞ?

 

多分、言いすぎ。

何故お笑いを繰り返し見ない

なんか大抵の人って、

お笑いの動画を繰り返しみたりしないらしいっすね。

 

 

 

f:id:umd111:20191010201117p:image

 

 

 

 

 

俺は昔から完コピできるくらい

おんなじネタを見てまうような奴なんすけどね、

逆に何故面白いものを何度も見たくならないのかって

こっちが聞きたいくらいなんすよ。

 

 

 

なんでさ曲なら覚えるまで聞く人は多いのに、

お笑いになるとそこまで何度も見ようとしないんすかね?

 

 

最近ハマってるんやけど

 

f:id:umd111:20191010201532j:image

笑いが無理なら体張れ サツマカワRPG - YouTube

 

サツマカワRPGとか、

ほんまに何回見たかわからんもん。

 

サツマカワRPGは皆まで言わんのがええんよ。

なんか薄気味悪いシュールな笑いを作る天才なんよな。

 

そう考えるとお笑いも、

曲や小説と似てるなぁと思うんやけどさ、

やっぱりあれも世界に入っていくのが面白い

ってところはあるんよな。

 

誰がやっても同じになるわけやないやないですか。

 

その間とか空気感とかって、

一回見たらもう一度見たくなって、

10回見たら中毒になってる事が俺は多いんすよ。

 

だからこそ一回しか見ないって人の気持ちが、

俺にはあんまりわからんのよ。

 

 

例えば昔から何度も何度も見てるんが

 

f:id:umd111:20191010204520j:image

 

麒麟なんすよ

麒麟 漫才まとめ - YouTube

 

 

単独ライブのDVDを買って、

副音声まで完コピしたくらい麒麟が好きでさ、

今でもめちゃめちゃよく見てんすよ。

 

 

麒麟の漫才は何がいいって、

ええ温度のいじりワードセンスが、

抜群なところなんすよね。

 

 

基本ボケの田村が川島にいじられて、

「美容院に米の写真持ってくん?」

言われるネタがほとんどなんすけどね、

麒麟のいじりワードの汎用性の高さったらすごいんすよ。

 

 

後ちょっと最近によれば

 

f:id:umd111:20191010204917j:image

 

銀シャリな。

[NEW] 【M-1優勝】銀シャリ 漫才 傑作選 まとめ [éFULL] - YouTube

 

 

 

銀シャリって結構

耳に残るボケが多いやないですか。

 

カレーとハンバーグの作り方のネタでも、

「ハンバーグ、リンドバーグ、ウーピーゴールドバーグ。

これが世界三大バーグや!」

って恒例のボケがあるけど、

コレも口の滑りが鬼よくてすんごい耳に残るでしょ?

 

 

んでやっぱり橋下のツッコミよ。

南キャンの山ちゃんよりもフランクなんよな。

 

ボケで、

「次にJガイモとNジンを入れる」

って言う野菜をイニシャルトークするってのがあったんやけど、

それに対して、

「企業に応募するクイズみたいな奴」

って言うなんともいえん例えを入れるんすよね。

 

 

 

 

あと

 

f:id:umd111:20191010205308j:image

フットボールアワーは鉄板

爆笑漫才 フットボールアワー タバコ止めろ - YouTube

 

 

とりわけタバコやめるのネタは良くてさ、

何がええって言葉の言い換えと妄想だけで

話が進んでかってところが素晴らしいと思うんすよ。

 

 

 

 

 

 

 

次の三連休台風で、

もうすでに予定が無くなってしまった人も

いるのではないでしょうか。

 

そんな暇な時間に是非ともエンドレスお笑い、

初めて見てはいかがでしょうか。

 

 

あと最近のオススメは

 

f:id:umd111:20191010205808j:image

【公式】ネタパレ『喫煙所/納言』 - YouTube

 

納言です。

平均台やんちゃ坊主説

 

この前の休みの日、

目が回るほど忙しかったんやけど、

そのイベントの1つとして、

縁石ブロックでバランスとって歩いてたんすわ。

 

 

f:id:umd111:20191009173907j:image

 

 

まさしくこんな感じ。

 

街に転がってる、

 

f:id:umd111:20191009173936j:image

 

これの上で

 

f:id:umd111:20191009174000p:image

 

こう。

 

 

 

 

睡眠、爪切り、耳掃除、

天井を眺めて、タバコを吸う合間を縫っての、

徘徊縁石バランスですよ。

 

目が回るとはこの事かと思った一日ですわ。

 

 

 

そんな縁石バランスしててさ、

なんか体が昔と違うかったんすよ。

 

 

縁石バランスなんて小学校ぶりくらいやから、

20年以上前が最新の記憶ですわ。

 

あの頃ってなんでわざわざ

あんなことをするんかわからんくらい

楽勝やったんですよね。

 

それが今やふらふらなんすよ。

 

当時の下に落ちたらサメルールを適用したら、

体に肉は残ってないってくらい、

縁石から落ちる落ちる。

 

 

コレが老いなんですかね。

 

日頃ジィさん社員が「コレ読んでくれ!」渡された、

息子に持たされたであろうスマホの文字を朗読して若者を確認してましたけど、

こうやってじわじわやってくるもんなんやろうな。

 

 

 

そういえば小学校の時って、

体育で平均台ってあったやないですか。

 

あれも今やったら難しいんすかね?

 

あれを難しいと思うなんて、

目ぇ見えて無いんかくらい思ってましたけど、

今やったらそりゃ授業でもやるわって

感じるようになっとるんですかね?

 

 

 

覚えてます?

平均台

 

ちょっとだけ高く上げられてる棒的なやつで、

みんな並んで上を歩いて、

何がしたいんかよくわからんあの平均台ですよ。

 

 

f:id:umd111:20191009192229j:image

 

そうコレです。

 

そりゃガキも

こんなクレイジースマイル浮かべてまいますわね。

 

難しさも面白みもわからんですもん。

 

 

 

 

 

 

ただちょっと思ったんやけどさ、

この平均台ってあるやないですか。

 

 

平均台

 

f:id:umd111:20191009192426j:image

 

 

こういう競技ってさ、

やること無くなって作った感半端なくね?

 

 

 

 

わかります?

 

他の競技はそこまでやないですよ。

 

例えば

 

f:id:umd111:20191009192648j:image

 

あん馬

 

この

 

f:id:umd111:20191009192702j:image

 

あん馬って、

上でぐるぐるために作られて、

上でぐるぐるされる為だけのものやないですか。

 

 

 

体操で言うと

 

f:id:umd111:20191009193414j:image

 

吊り輪やってそうでしょ。

 

 

 

f:id:umd111:20191009193438j:image

 

 

吊り輪吊り輪競技の為に生まれて、

あの中でぐるぐる回って体操競技としての吊り輪の為に作られてるやん。

 

 

 

f:id:umd111:20191009193526j:image

 

ハードルだって、

 

 


f:id:umd111:20191009193523j:image

 

ゴールだって、

 

 

f:id:umd111:20191009193901j:image

 

なんなら表彰台やってそうですよ。

 

作られた時から、

そうされる為に作られてるや無いですか。

 

後、多分

金額に利権が絡んでいる。

 

 

 

ただ平均台ってさ、

なんか運動神経バカのやんちゃ坊主の遊びが、

競技になった感が半端ないとおもうんすよ。

 

 

平均台って多分ずっとあの形ですやん。

 

んでその上を落ちそうになりながら渡るもの

として元々あったんやと思うんすね。

 

でも誰かが、

上で回りよったんやって。

 

俺、こんなんもできるし!

つって上回りやったんやろう。

 

それを見て「俺も俺も!」ってなって、

自然発生的に競技になった感じがすごいんよなぁ。

 

 

ある意味、

 

f:id:umd111:20191009194341j:image

 

上海にも似てるよな。

 

 

麻雀牌で適当に遊んでた奴が

発展してできた感あるやん。

 

 

それこそ、

トランプとかは違うんすよ。

 

あいつは元々色んなことをできる

ポテンシャルを持って生まれてきたから

別になんのロマンもないんすわ。

 

 

ただ麻雀牌はちゃうでしょ。

元の使い道は決まってたもんな。

そこから自然発生的に出来たとしか思えんでしょ。

 

平均台やってそうなんよ。

 

上をバランスをとって渡る為やったものが、

いつのまにかぐるぐる回られてた、

そんな感じがすること自体が、

ものすごいロマンがあると思うんすよね。

 

 

 

 

 

コレのどこがロマンか。

 

1番の胸熱ポイントは、

発案者の気持ちを想像することですよ。

 

 

平均台でこんなこともできるで!」

「コレ俺が考えたゲームやねんけど!」

そんなことを言っていたのに、

いつのまにかうまい人に抜かされ、

自分の手を離れて発想だけが売れていく。

 

発案者と競技の間に、

トンビが鷹を産むような物語があったんやないかと想像を膨らませることが、

こう言うものの一番好きなポイントなんですよね。

洗脳と浦島太郎

俺知らんだけで誰か言うてそうやけど言うわ。

 

 

 

浦島太郎って、

めっちゃ胸糞悪いストーリーよな。

 

 

 

 

f:id:umd111:20191008150907p:image

 

 

 

 

 

 

まずさ亀がいじめられてんのを助けて、

竜宮城に連れてかれるところから、

は始まっとるやないですか。

 

 

この

仮に善意で連れて行ったにしても、

やってる事はぼったくりバーのキャッチと

おんなじやないですか。

 

 

 

んで浦島楽しみますわ。

 

そりゃそうっしょ!

 

ええ事した見返りなんすから!

 

いい事したら返ってくるってほんまなんや

全力で楽しむに決まってますわ。

 

 

 

 

それで楽しむだけ楽しませた後、

何も告げずに箱だけ渡してバイバイやで?

 

 

 

 

竜宮城の奴らは

胸が痛まへんのか?

 

連れてくるべきは

亀虐めた奴らやろ。

 

 

 

 

 

 

そりゃ戻ったら孤独やったでしょうよ。

 

両親は死んで、友達は老人。

 

昨日まで可愛かった近所の女の子が、

老い先短いおばあさんなってるんやで?

 

 

 

 

気持ち的には、もう死ねるやろ。

 

そりゃ自暴自棄で玉手箱くらい開けるわな。

 

 

 

 

 

 

 

 

って記憶をしてんやけど、

浦島太郎なんて小さい頃に見たっきりやからさ、

細かいところがどうやったかまで

覚えてないやないですか。

 

 

なんとなく浦島かわいそうやと思ってるけど、

浦島の大好物はスッポン鍋みたいな設定とか、

あったんかもしれんやないですか。

 

 

 

とりあえず調べてみるとさ、

 

f:id:umd111:20191008192234j:image

浦島太郎の教訓の意味とは?省略された結末に真実があった!!

 

 

 

おあつらえ向きなサイトを見つけたんすよ。

 

やっぱみんなも思ってたんやろな。

 

浦島はかわいそうやし、

亀はマジキチやし、

時効警察吉岡里帆はいらんって。

 

 

 

そのサイトさんでは、

まずみんなの知ってる浦島太郎を

 

 

f:id:umd111:20191008191622j:image 

 

 

イラスト付きで紹介してくれてんすよ。

 

イメージ通りの浦島と、

イメージ通りの子供達ですわ。

 

 

 

 


f:id:umd111:20191008191642j:image

 

 

まぁ叱ります。

 

でも浦島子供達を無下にもしません

 

じゃあ...?

 

 

 


f:id:umd111:20191008191610j:image

 

 

 

 

 

浦島金渡しよったぁ!!

 

スッゲェ資本主義!!

 

 

 

 

 

なんて驚きはありながらも

 

 


f:id:umd111:20191008191635j:image

 

 

 

亀に乗り込み、

 


f:id:umd111:20191008191553j:image

 

 

 

竜宮城へやってきます。

 

 

おもろいんかもわからんけど、

鯛やヒラメの舞い踊りを見るシーンですわ。

 

 


f:id:umd111:20191008191539j:image

 

 

昼夜問わず繰り返される宴に、

何日経過したのか...

コレが現実なのかわからない...?

 

 

浦島!!

お前確実に洗脳されてるぞ!!

 

洗脳に重要な、

隔離、情報統制、肉体的疲労

バッチリ揃ってもうてるやないか!!!

 

 

逃げろ、浦島!!!

 

 

 

 

ただ、そんな極限状態でも、

浦島には頭から離れないことがひとつだけある

 


f:id:umd111:20191008191605j:image

 

 

 

 

うわぁ....

 

オチ知ってるだけあって、

クッソ胸糞悪い。

 

 

 

 

案の定

地上に戻った浦島に待っていたのは、

 


f:id:umd111:20191008191546j:image

 

 

居なくなった両親

 

 


f:id:umd111:20191008191549j:image

 

 

絶望的な現状。

 


f:id:umd111:20191008191631j:image

 

 

 

 

そりゃそうやわ。

 

だって別にお前は

なんも悪い事してないんやもん。

 

 

 

んで浦島、

 


f:id:umd111:20191008191639j:image

 

 

しっかりジジィになります。

 

コレで「約束を守らないと悪いことが起きる」って教訓が伝わったら、

そいつサイコパスやろ!!

 

「いい事しても最悪の結末が待ってる」

の方を強く感じてしまうバッドエンドやん!

 

 

 


f:id:umd111:20191008191543j:image

 

 

 

 

もうここまでくれば、

むしろハッピーエンドかもしらん。

 

殺してあげた方がマシやで。

 

 

 

 

 

 

このブログの作者も、

 


f:id:umd111:20191008191743j:image

 

やっぱりバットエンディング

ショックを受けてる様子ですよ。

 

 

 

ただ読み進めていくと、

この話、続きがあるんですって。

 

 


f:id:umd111:20191008191628j:image

 

 

 

ジジィなりましたと。

 

 

その後...

 

 


f:id:umd111:20191008191614j:image

 

 

 

超展開や!!

 

どういう事や!?

 

なんの鶴なんや!?

 

 


f:id:umd111:20191008191625j:image

 

 

 

竜宮城と地上の時間が違うから

本来なら死んでいた...?

 

乙姫様のおかげで

生きながらえた...?

 

 

 

浦島、どうやらまだ洗脳は

解けきって無いようやな。

 

正解は「なら、呼ぶな」や。

 

 

 

悶々とした気持ちは持ちつつ、

そして物語はラストシーンに向かいます。

 

 

 


f:id:umd111:20191008191607j:image

 

 

 

 

 

 

 

いや、無理無理!!

 

病気やった両親はどうなる!!

 

あんだけ気がかりやったんやろ!?

死に目にも会えんかったんやぞ!!

半分両親を乙姫に殺されたみたいなもんやぞ!

 

ほんでお前、

よう乙姫と一緒になろうおもたなぁ!!

 

お前鶴やぞ?

今からめっちゃ魚食うことになるんやぞ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに浦島太郎の教訓は、

金は争いの特効薬やって事と、

洗脳は怖いって事でええんやんな?

カラオケと恐怖

会社の飲み会がありまして

何限目かにスナックに行ったんですよ。

 

 

f:id:umd111:20191007150941p:image

 

 

 

飲みに行くと大抵なんかの鬱を持ち帰ってくるんすけど、今回はそのスナックの店先で、

お前一回一人で入れよw後でみんなでついてくわ!

って言われたんよ。

 

 

陰キャですから、

ここでしっかり考えます。

 

 

俺入る→なかなか来ない流れの王道で、

なんで一人で飲んでんねんwボケに対して、

不安でした〜」返しが確定やないですか。

 

そこの道筋に行くまでに、

一旦「無理無理無理無理!」の流れを入れて、

死ぬ気で行く感じはまず必要よな。

 

んで入っても外からのぞいてる可能性もあるから、

おどおどしつつ振り返らない。

 

 

んじゃぁ行きますわぁ〜

 

頼りなさげに叫びます。

 

絶対来てくださいよ!絶対っすよ!

 

ここは強め

 

 

 

 

いらっしゃいませぇ〜

お...お一人ですか...?

 

 

 

 

 

............

 

 

 

 

........................

 

 

 

 

 

....................................

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しばらくしてシナリオ通りに全員が入ってきた。

 

「流石やん〜」

「やるやん〜」

「頑張ったなぁ〜」

各々から言葉をもらう。

 

そして思った。

 

 

 

 

 

 

 

俺、ちょっと気ぃ使われてるくね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想像ではもっとばちばちに来ると思ってたんよ。

 

「なんでおんねんw」

「あほやろw」

くらいの奴が来る事を想定してたんすよ。

 

でも結果は「頑張ったな

 

労をねぎらわれたんよ。

 

努力として評価の言葉をもらったんですわ。

 

それってさ、

いじりたい側の人達を、

思いっきり弄り切れる状況に、

させられなかったんやないやろか。

 

 

加えて向こうのシナリオとしては、

もっと拒否したり、おどおどしてたり

なんなら泣きながら助けを求めて出てくるくらいの、

ドタバタ恥ずかしエピソード待ち望んでたんかも知らんですやん。

 

 

その期待を裏切って

中の下くらいのリアクションで、

パッとせん落ちになったから、

面白くもないしねぎらっとこう

ってなったんやないやろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ!

 

俺!

 

死んだ方がマシじゃん!

 

 

 

 

 

 

 

とまぁ、

こんな感じですよ。

 

 

毎回なんすよね。

 

こんな感じの

すぐ拾ってきちゃうんすわ。

 

 

 

 

 

まぁそんでみんな揃ったところで、

なんか歌えよ!

とまぁいつもの奴が始まるわけっすよ。

 

 

 

毎度おなじみ、

カラオケ大喜利ですわ。

 

 

コレが何回やっても苦手なんすよねぇ。

 

 

いくら俺やって、

 

f:id:umd111:20191007191655j:image

 

あぶらだこが違うことはわかるよ。

 

でも違うはわかっても、

正解はわからんのですよ。

 

 

 

ここは前職の経験を生かして行くしか無い。

 

とりあえず入れましたよ、米米クラブ

 

 

 

 

とにかく歌い終えまして、

一応の拍手をもらいながら会釈なんかしてるとさ、

上司俺に言うんすよ。

 

 

 

おぉー置いたなぁ〜

 

 

 

 

 

 

 

おきましたがなにか!?

 

本域でガガガでも、

うとうたろかい。

 

 

 

 

 

 

 

 

コレも毎回の流れです。

 

ちなみに一回だけホンマに歌った事あるんすけど、

前職の破天荒上司だけが大受で、

次の日からみんなちょっとタバコの距離が遠くなった苦い思い出もあるからさ、

まぁ気持ちマイナスくらいが俺にとってはプラスって事でええでしょうよ。

 

 

 

 

そんなスナックのカラオケでさ、

俺の次に入ってる曲が

なごり寿司」って曲やったんすよ。

 

 

 

こっちもテーブルで話してるから、

そんなに真剣には聞いてなかったんやけど、

なんか周りがざわざわし出してさ、

その余波でこっちのテーブルも曲を聴く空気になったんすよ。

 

 

 

 

どうやらイルカのなごり雪の替え歌らしくて、

嘉門達夫の曲っぽいんよ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

f:id:umd111:20191007192707j:image

ーーーーーーーーーーーーーー

 

水商売の女の子に寿司を奢って

寂しくなる的な替え歌なんでしょう。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

f:id:umd111:20191007192750j:image

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

コレを聞いていた年の近い先輩が言った。

 

コレ、面白いっすねぇ〜

 

そうやなぁwうまいなぁw

 

上司

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

f:id:umd111:20191007192919j:image

ーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

そ...そうなん...?

 

コレをカラオケで歌うことが...

面白いのか...?

 

 

 

 

たしかにタイミングとか流れで、

面白くなる曲ってのはある。

 

普段静かな人がカモメが飛んだを熱唱してるとか、

「盛り上がる曲行きますよー!」って言うてロード歌うとか、

コレが実際面白いかは置いておいて、

面白くなりうる状況に持ってくことはできると思うで。

 

 

ただやで、

カラオケで替え歌を単純に歌う事に、

なんの面白さがあるって言うんや?

 

 

コイツがした事何も無いや無いですか。

コレがおもろいなら嘉門達夫のCD買えばええでしょ。

 

加えてアマチュアが替え歌を熱唱っすよ?

 

やってること、

オッパッピー真似する小学生とおんなじやないですか。

 

 

アンサーソング的な使い方をするならまだわかる。

 

イルカのなごり雪が流れた返し、

寿司の曲の返し、

そんなんがあるなら問題ないわな。

 

 

 

 

でも俺が歌ったの、米米クラブやで?

 

 

その連想が成立するなら、

次の曲はカレーライスの女でもくるんやろうな。

 

 

 

 

 

ただ俺は、正直歌ってる方よりも、

聞き手の方が怖いんですよ。

 

向こうにも話の流れってあるからさ、

娘がどうなってもええんか?

からのなごり寿司の可能性だってありますもん。

 

でもこちらサイドは、

ゼロでコレが面白いと思って笑っているわけです。

 

 

人の笑ってるものが本当の意味でわからない時、

コレほど怖いもんって無い。

突飛な方々

このブログ、詰まる所俺の日常やから、

俺の周りにいる人度々登場しますけど、

人に話してるていやから、

やっぱり突飛な人がよく登場する訳ですよね。

 

f:id:umd111:20191006203703p:image

 

 

結婚式に遅刻をして王将の勢いでコース料理を平らげた

 

f:id:umd111:20191005231430j:image

結婚式の師匠 - 出来損ないの減らず口

結婚式の師匠。

 

就職祝いしたるわ!

と言って急に友達に電話をし出した

 

f:id:umd111:20191005232554j:image

 

破天荒上司。

 

 

 

旅行中骨董品屋

 

f:id:umd111:20191005232719j:image

 

コレを買おうと謎の闇ゲームを提案してきた

 

f:id:umd111:20191005232802j:image

 

マイルドに言って気が触れてるクレイジーな先輩のマイクレなど、

過去様々な突飛な人の話をしてきました。

 

 

このなかなかのメンツ負けず劣らず、

なかなかのクレイジーを提供してくれてるのが、

 

f:id:umd111:20191005233540j:image

 

虚言癖おでんくんです。

 

 

 

 

 

 

本を三万冊読んだ桁を間違ってみたり

めちゃめちゃモテて困ってみたり

まぁーとにかくすげぇおでんくんなんすけど、

この前の休みに、

街でたまたま出会ってしまったんすよ。

 

 

 

 

おでんくん

サッカー観戦バンド自転車読書登山彼女とのデートボルダリングバー巡りなどなどで忙しいはずやのに、

俺を見つけて嬉しそうにカフェ誘ってくるんよな。

 

 

 

 

女の子に受けがいいカフェがあるんやけど、ちょっと時間ある?

 

 

 

 

 

 

女と行けよ。

 

 

 

 

 

 

 

まぁでもおでんくん謎のゴリ押しが凄いし、

その時俺もしてたから、

一旦行くことにしたんよ。

 

 

女が写メ取り合ってる横

向かい合うモンゴル人とおでんくん

 

この時ほど禁煙を恨んだことは無いですわ。

 

 

 

 

 

まぁほんでおでんくん

一人一生喋ってるからさ、

 

 

この前、女の子から電話してもいいかな?

ってラインがきたんよ!

みたいな、聞いても無いこと

さも重要事項のように喋り続けるんよな。

 

 

 

 

 

へぇ、なんのようやったん?

 

 

 

いや、掛けてないんやけど、

どうしようかなぁって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久々の友人に、

エピソード0の恋愛話を披露するな。

 

 

 

 

 

 

 

とは思いながら、

つっこむと余計面倒やから話を聞き流してるとさ、

飲みに行こうって言われたら、

行きつけのバー行くだけやけどな!

とかってまた勝手に喋ってる訳。

 

 

 

 

 

え...?

でも...おでんくん...

 

 

 

 

 

 

お前、酒飲めん言うてたやん。

 

 

 

 

 

 

そうなんすよ。

 

ちょっと前までおでんくん

下戸やったはずなんすよ。

 

 

酒は飲むん?みたいなこと聞いても、

おれ、ドクターストップかかってるから

って病名不明の拒否反応をお見舞いしてくれるんすわ。

 

 

 

 

そんなおでんくんの矛盾を指摘すると、

決まって彼はエグいくらいしゃべり出します

 

 

 

 

 

「いやドクターストップかかってるのはホンマやけど飲めへんなんて誰が言った?」

 

 

 

「それはお前が勘違いしただけやろ?

今は飲めないだけで昔はよく行っててん。」

 

 

 

「一番行ってたんは大学入ってすぐくらいの頃で、その頃は友達と宅飲みとかめちゃめちゃしてて、あの時一番飲んでて、三日酔いレベルで飲み回ってて、そのあとバーに行き出して、カウンターで隣になった人と仲良くなったから、その数十人の友達とかといろんなバーを回ってたから、あの時いろんなところに行ったってこともあって、結構三ノ宮のバーは知ってるだけで、今はたしかにドクターストップのことがあるから飲むことは難しいけど、雰囲気を楽しんでもらったり、ソフトドリンクでもその場を盛り上げて、女の子に寄り添うことも出来るから、飲める飲めないってのは大した問題ではなくて...」

 

 

 

 

 

 

 

わかったわかったわかったわかった!!!

 

もうほんまでええから!

 

ただ力で事実を曲げるって、

サイコパスのやり口やからな!!

 

 

バーで知り合った...

数十人の友達?

 

お前しれっとまた

盛る桁数間違ってんなぁ!!!

 

 

 

 

 

 

 

と思っても、

言うわけにはいきません。

 

 

 

まぁそりゃそうでしょう。

言うたらきっとおでんくんの世界軸

歪んでしまいますからね。

 

面倒なんでとりあえず、

昔そんな飲んでたのは知らんかったわぁ

などと山なりのボールを投げ返します。

 

 

 

それを聞いたおでんくん

 

 

 

 

 

 

 

 

ま...まぁなぁ〜。

昔は友達と宅飲みでイエガーボムって酒を、

ショットで13杯くらい飲んだわ。

 

 

 

 

イエガーショット13杯!?

 

 

 

バーで外人が奢ったるわー言うから、テキーラショットで18杯くらい飲んだわ。

 

 

テキーラショット18杯!?

 

 

 

前上司が頼みすぎたって言うて生中ジョッキで20杯くらい飲んだわー

 

 

 

 

生中ジョッキ20杯!?

 

 

 

 

なんやこいつ!!

 

f:id:umd111:20191006203158j:image

 

王将のCMみたいに

なってきたんやんけ!!

 

 

 なんか話すのもおこがましいわ!

 

ここまで来ると俺が作った感出ちゃうもんなん!!

 

ホンマにみんなにも

一回あってほしい!!

 

話以上に盛り出すからさ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

その後おでんくんは自慢話を終えると、

ホクホク顔で俺を見つめて言いました。

 

 

 

 

 

まぁでも最近はなんてないから、

シャンパン2杯でベロベロやけどな!

 

 

 

 

 

 

 

そんな体は、無い。