八方塞がりの私の日常をその場しのぎで書き溜めております。

‪匿名大喜利を常に募集だけしておきます。‬ ‪気が向いたらブログで紹介します。

匿名大喜利| Peing -質問箱-

 

武勇伝を作ろう

男ならカッコいいと思うものって一つはあると思います。

 

 

f:id:umd111:20181206211430j:image

 

 

 

 

憧れの俳優やアーティストがカッコいいと思う人もいるでしょうし、

アニメキャラやヒーロのような登場人物であったり、

身近にかっこいい人がいる場合もあるでしょう。

 

 

私がかっこいいと思うもの。

 

それは、

ヤンキーでございます。

 

 

 

 

あれほどかっこいいものは他にないと思うんですよ。

 

ジーンズに和柄刺繍。

ハンチングにウォレットチェーン。

車は黒のセダンでなんか青く光ってるあの感じ。

 

どこを取ってもイカチーやないですか。

カッケーでしょ。

 

 

 

俺も世間一般でいう、大人と言われる年齢になりましてですね、

身なり持ち物金で着飾る事はできるようにはなりました。

 

 

ところがですよ。

 

今からどれだけ頑張ったって、

どうやっても取り返せないヤンキースキルがあるんですね。

 

 

それが、

学生時代の武勇伝です。

 

 

 

 

ヤンキーって3つ以上は持ってるじゃないですか。

多分履歴書に書かないとなれないとかなんでしょう。

 

街でヤンキーボコボコにしただの、

居酒屋でヤンキーボコボコにしただの、

イオンでヤンキーボコボコにしただの、

どっかでヤンキーボコボコにしてますやん。

 

 

 

私にはそんな思い出が、武勇伝が全くないんですよ。

 

あの頃は俺も若かったんです。

 

肩パン勝負しようぜ」と言ってきたヤンキーにヘラヘラして、

夜になって「ヤンキーあるある。肩パンで天下が取れると思っている

なんてラジオに投稿するような、勿体無い事をしておったんです。

 

今でも悔やんで眠れない夜を過ごしております。

 

あの時肩パンさえしておけば

剛力彩芽をタレにできたのになぁと。

 

 

 

 

 

 

ただ社会人になって思いますが、

今になって俺の幼少期を知る人なんて誰もいないやないですか。

 

中学高校なんてまだスマホも無かったから、

手元に写真すらない状況です。

 

 

大学時代は金髪にしていた時期もあったんで、

写真だけで言えば

ヤンキーやったんや」と言ってもらえる状況は揃ってるんですよ。

 

 

 

という事はですよ。

 

過去を知らない人ばかり。

写真は大学のイカつく見える写真を流用できる。

 

後は、武勇伝さえ作れば

側から見ればヤンキーの仲間入りが果たせることになりますよね。

 

 

 

 

 

 

きっと俺とおんなじ憧れと悩みを持ってる人は多いと思いますし、

この場を借りて、武勇伝を作っていこうと思います。

 

 

 

武勇伝といえばケンカでしょう。

 

誰かをボコボコにした系の話で、

自分の力を誇示しなければいけませんよね。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

高校の頃、ほんまに喧嘩ばっかりしとったんよ。

ほんま若くてバカやったと思うわ!

 

一回街歩いてる時に学ランでタバコ吸っとったんやけど、

金髪でメンチ切ってくる同い年くらいのやつおったんよ。

 

クッソ腹たってそいつの顔面殴ってさ、

顔抑えてるところ馬乗りになってボコボコにしたんよw

 

そいつ逃げたかと思ったらすぐ仲間呼びやがったんよw

 

5対1くらいで公園で喧嘩になったんやけど、

気がついたら最後俺だけ立っててさw

 

警察呼ばれたから走って逃げたわw

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

とりあえず作って見ましたが、

あんまり良くありませんね。

 

だって今はコンプライアンスが厳しい時代です。

 

 

 

 

過度な悪事や表現は、

SNSで拡散されて最悪逮捕される恐れすらあります。

 

顔面殴って顔抑えてるところ馬乗りになってボコボコにした

なんて、すぐさま通報されかねません。

学生なのにタバコを吸っている、警察を呼ばれるアウトでしょう。

 

 

加えて、自分の暴力を正当化できないと、

暴力事件となってしまいます。

 

ここはやはり正当防衛を主張するのが得策でしょう。

 

Wikipediaにも、

正当防衛(せいとうぼうえい)とは、急迫不正の侵害に対し、自分または他人の生命・権利を防衛するため、やむを得ずにした行為をいう

って書いてありますので、

自分の生命を防衛する為やむを得ずしたとすれば問題ないかと思います。

 

 

後、

気がつくと俺だけ立ってた

これもどうでしょうか。

 

ヤンキーの決まり文句ではありますが、

そんなこと絶対にないでしょ?

 

 

気がつくと俺だけ立ってた?

サイコパスですか?

ベクトルが変わってしまいます。

 

 

やはりヤンキー表現には語弊が生まれかねません。

極力排除する方が話に信憑性が生まれると思います。

 

喧嘩に明け暮れた日々、あの頃はバカだった、メンチを切る

この表現は訂正していきたいと思います。

 

 

 

暴力表現の改善

正当防衛の添加

ヤンキー表現の変更

これらを意識して、完璧な武勇伝を完成させて行きたいと思います。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

高校の頃、本当に喧嘩ばっかりの生活を送りたいなぁと思ってたんよ。

ほんま妄想に明け暮れてたわ!

 

一回街歩いてる時に学ランでツツジ吸っとったんやけど、

髪を金色に着色されて、熱い視線を送ってくる

同い年くらいの方がいらっしゃったんよ!

 

少し腹立たしく思ってると、

殺しますよ」って言われたから、

怖くなって泣きながら彼に手をあげてしまったんよね。

 

その方逃げたかと思ったらすぐお友達をお誘いになってさ。

 

5対1くらいで公園に集合したんやけど、

示談交渉が成功して円満解決できてさ!

 

なんか走って逃げたわw

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

これであれば一部を切り取られても逮捕される恐れはないし、

安全かつ道理的な武勇伝かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

力の誇示は!!!!