八方塞がりの私の日常をその場しのぎで書き溜めております。

‪匿名大喜利を常に募集だけしておきます。‬ ‪気が向いたらブログで紹介します。

匿名大喜利| Peing -質問箱-

 

関西サイクルスポーツセンターに行ってきた

もし日本三大テーマパークを挙げるとすれば、

東京ディズニーランド

ユニバーサルスタジオジャパン

と後1つ何になりますかね?

 

f:id:umd111:20190617193349p:image

 

 

人口の9割は「かねふくめんたいパーク

を上げるとは思います。

 

むしろ、ディズニーよりもUSJよりもめんたいパークを先に挙げて、

「ディズニーとめんたいパークと後なんだっけ....ファミマ?」

と思ってる方も多いことでしょう

 

 

 

 

 

そんな日本三大テーマパークの強固な地盤を揺るがす存在、

関西サイクルスポーツセンターにこの前行ってまいりましたよ。

 

 

 

大阪の外れにあるチャリのテーマパークでございます。

ザ・大阪って感じがする、テーマを秘めた一大娯楽施設でございます。

 

 

 

友達何人かに連れて行ってもらいましてですね、

サプライズやから目開けたらあかんで!

と言われて、盲目の受付を済ませまして、

早速中に入ります。

 

 

もう目開けていいよ

そう言われて目を開くと眼下に広がる

 

 

f:id:umd111:20190617193326j:image

 

 

 

 

広がる...?

 

 

 

 

 

 

 

そんな関西サイクルスポーツセンターですけど、

トレンドに敏感な私は兼ねてより目をつけていた場所なんですよ。

 

 

 

というのも、自転車をコンセプトにしたってので、

変わり種自転車があるのは想像に容易いと思いますがね、

変わり種自転車以外の自転車をコンセプトにした乗り物が中々熱かったんすよ。

 

 

 

例えばこれ、

 

f:id:umd111:20190617193505j:image

 

サイクルリュージュでございます。

 

皆さんリュージュはご存知ですかね?

 

リュージュボブスレー、スケルトって、

よく3つが引き合いに出されるんですけど、

雪の上を滑る競技ですわ。

 

ボブスレーはご存知、マリオのキラーみたいな奴に乗って滑るやつです。

 

ケルトンとリュージュは、

ただのに乗って滑る系でして、

リュージュが仰向け、スケルトンが腹ばいなんすよ。

 

f:id:umd111:20190617193606j:image

 

 

 

 

凄くね?

 

スキージャンプ以上に拷問感あるでしょ?

 

 

 

 

 

これと「サイクル」を組み合わせた乗り物に興味が湧かないわけがない。

 

 

 

んでもう一個目をつけてたのが、

 

f:id:umd111:20190617193629j:image

 

サイクルコースターです。

 

 

説明を読んでもらってもわかるんですけど、

こいつペダルがついてるらしくて、

漕いで進むジェットコースターなんですって。

 

 

もう、興味しか湧かんや無いですか。

 

 

 

 

いやぁ!ここ来たかったんよ!サプライズでええとこ連れてきてくれるやん!

 

僕はテンションぶち上げでございますよ。

 

んでサプライズで連れてきてくれたみんなを見るとそれはそれは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サプライズで連れてきた割に、

前情報なしで何も知らずに来たらしいんすよ。

 

 

ここのサイクルリュージュ気になっててん!

なんて言うても全員、

 

 

 

 

 

 

 

おぬしら、何故ここを選んだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁそんな感じでさ、

とりあえずサイクルジェットコースターに乗ることにしたんすよ。

 

混み具合と待ち時間もちょうど良くてさ、

誰もおらんことは無いけど、

待ったとは言えないくらいの時間を待ってさ、

早速ジェットコースターに乗り込んだんですよね。

 

 

 

「みなさんで初め頑張って漕いで勢いをつけてください!」

 

スタッフの女の子が喪主みたいに説明した後、

いってらっしゃい、つって

出棺より元気なさげな見送りの挨拶を送ってくれる。

 

 

 

 

とにかく漕がんとあかんってんで、

必死こいて漕ぎますわね。

 

またこれが重たいんですよ。

中々スピード出んし大丈夫かこれは、

とかって思いながらこいでると下りが見えてくるんですよ。

 

 

 

 

そこからは急加速です。

 

とは言え高低差がものすごくあるわけでは無いので、

絶叫マシーンという感じのスピードでは無いですけど、

心地よい速さで尚且つ爽快感もある感じで、

家族向けのコースターとしては最高の出来なんですよね。

 

 

 

でもなんですかね。

 

この違和感。

 

 

 

 

 

 

乗ったらわかりますよ。

 

よく考えたらそりゃそうやんね。

 

下りになると

ペダルは意味をなさない。

 

ただの優しいコースター。

 

 

 

 

 だってこげるような速さでは無いんやもん。

 

チャリのギア1みたいな軽さで、

ぐるんぐるん足回してるけど、

何にも起こらんもん。

 

 

 

 

 

まぁでも満足ですよ、

そして満を持して向かいますのが

サイクルリュージュでございます。

 

 

 

f:id:umd111:20190617193821j:image

 

こちら公式から取ってきた画像ですが、

このハンドルを引けばブレーキになってて、

曲がるときは横にすれば曲がるって感じなんすよ。

 

しょっぱなお兄さんが乗り方を説明してくれてさ、

ぐーっと引くと止まるので、危ないなと思ったら引いてくださいね!

なんて聞きながら俺も子供に混じってグッと引いて待ってる訳ですよ。

 

 

ただこの手を離してしまいますと。

 

 

前でお兄さんが両手をパーにする。

 

 

「急ブレーキがかかって体が飛んでいってしまうので、絶対にやめてください。

 

 

 

 

 

設計が攻めてる。

 

もう手汗なんて

かいてる場合やない。

 

 

 

 

 

サスケの白いアレを強く所望しながらも、

気づけばスタートになりまして早速始まるわけですよ。

 

これが初めから結構な坂道で、

まぁまぁスピード出るんですね。

 

んで木々の間みたいな道を抜けて、

急に開けたなと思うとコースの全貌が見えてくる。

 

f:id:umd111:20190617193920j:image

 

 

 

 

 

ヤッベェ、鬼いかつい。

 

 

 

 

とりわけこの施設、

山の斜面に作られてるから

坂がものすごく急で不安になる程スピードが出てくる。

 

でも、テーマパークの乗り物やし。

 

なんて思ってカーブに差し掛かる。

 

 

 

 

 

 

カーブに置かれているクッションが、

おかしなくらいえぐれている...?

 

 

 

 

 

 

これ、人死んでから考えるタイプの乗りもんやんけ!

 

案の定カーブ曲がったら片輪浮くやんけ!

 

 

 

 

めちゃくちゃ楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんすかね、今時こんなギリギリの安全設計の乗り物なんて中々無いからさ、

めっちゃくちゃ面白いんすよ。

 

なんかほら、規制された中で安易に高得点取れるテーマパークのゲームって多いけどさ、

これそんなんやないもんな。

 

規制したほうがいいのでは?

ってくらいスピードに挑戦できますからね。

 

 

 

 

 

 

 

サイクルリュージュだけを目的にフリーパス取っても後悔しませんよ。

 

是非この夏、一度は足を運んでいただきたい名スポットでございました。